看板

オリジナルデザインで勝負

お客様が購入した商品を持ち帰る際に使われる紙袋は、広告の役割も果たしているためデザインが重要です。紙袋を制作している専門業者に依頼すれば、オリジナルデザインを採用した袋をオーダーメイドできます。画像作成ソフトを使ってデザインを制作し、インターネット等でデザイン入稿することで紙袋に印刷してもらえます。

詳しく見る

街

広めるために

宣伝に欠かせないもの、それは屋外広告の看板です。この看板を見てそこへ行きたいと思う人は多いのでとても重要です。そんな看板を作る時に便利なのが専門の業者です。最新の機械を作り、美しく仕上げて最適な場所に設置する事ができます。

詳しく見る

女性

宣伝効果抜群のツール

看板は、自社の存在や商品などを人々に認知してもらうのに、効果が期待できる宣伝手段です。デザインを工夫し差別化に成功すれば、よりアピール効果は高まります。独自のキャッチコピーを入れたり、キャラクターを使用するなどで、店全体のイメージをアップさせることも可能です。客の入店を促し、業績向上につながります。

詳しく見る

紙袋

宣伝にもなる袋類

紙袋は商品の持ち運びから宣伝も兼ねる優れもので、表面にアピールしたいデザインを印刷しておくことで多くの人の目を惹きます。またこの紙袋類はサイズや素材によって値段が変わっていきます。素材が良いものほど高くなり、またサイズが大きいほど高くなります。

詳しく見る

看板

店舗集客の手段

近年、店舗の宣伝ツールというと、ホームページやSNSなどインターネットが主流ですが、オーダー紙袋のようなアナログツールを工夫することでも十分な効果が得られます。オーダー紙袋を工夫するにあたっては、若い女性に受けるように工夫することが必要です。

詳しく見る

看板

接客業では必須のアイテム

最近ではインターネットから、デザインなどの要望を出して看板を発注する事もできますので、忙しい方は利用してみると良いでしょう。また、高額になってしまいますが、看板デザイナーに依頼して奇抜なデザインの看板を作る事も可能ですので、個性を出したい方などにオススメです。

詳しく見る

紙袋

広告塔の役割りがあります

外出する時に良く見かけるものの中に看板があります。みなさんの中にも、毎日見かけている方も多いはずです。この看板には色んな種類があり、その利用用途も様々です。また、デザインも豊富ですので、それぞれら合ったものをチョイスするといいでしょう。

詳しく見る

用紙や紐による差別化

紙袋

定型寸法でも幅広い選択肢

店の個性を演出して広告としての役割も担う紙袋は、専門店を中心として多くの店舗で商品持ち帰り用として使われています。店で扱う商品のサイズにぴったりと合わせた紙袋を制作業者にオーダーメイドすることで、袋が持ちやすくなるだけでなく商品の破損なども防いでくれます。特殊なサイズの袋はフルオーダーで制作してもらう必要があるため料金も余分にかかりますが、大半の商品なら規格寸法の範囲内に収まるものです。紙袋のサイズは業界で統一された規格がなく、制作業者ごとに独自の規格寸法を採用しています。そうした規格は紙袋の幅と高さに加え、マチと呼ばれる厚みの部分も含めた3つの寸法から構成されている例が多いものです。幅とマチだけを規格寸法として高さを自由に設定できる制作業者も少なくありませんので、そうした業者に注文すれば自由度の高い紙袋を作ることができます。袋の素材にもいろいろな種類の用紙や手紐の中から選択できるため、サイズの違いと組み合わせることで紙袋の個性がさらに引き立ちます。紙袋に使われる用紙にはクラフト紙を漂白した晒クラフトや片側だけ平滑度を高くした片艶晒クラフトの他、漂白していない未晒クラフトや表面にコーティングを施したコート紙などの種類があります。手紐の部分にも丸紐や平紐を使った紙紐ばかりでなく、PP紐やアクリル紐・ポリエステル紐、プラスチックの持ち手がついたハッピータックなども選択可能です。紙の部分に光沢PPフィルムやマットPPフィルムによる表面加工を施すことで、紙袋にも高級感を出すことができます。このようにサイズや用紙・手紐の種類を変えたり表面加工を施したりすることで、規格寸法の範囲内でも紙袋の個性を出すことは十分に可能です。規格サイズで紙袋を注文すれば制作業者の側でも機械をセッティングし直す必要がないため、フルオーダーの場合よりも料金が安くなる上に納品までの期間も短縮できます。