広告塔の役割りがあります

紙袋

その種類も様々です

街中で何気なく見かけるものの中に看板があります。通勤、通学、外出の際、一度は見かけることがあると思います。このように、毎日、目にしない日はないほどよく見かけますが、この看板には様々な種類があります。その1つが屋上・塔屋タイプです。屋上・塔屋タイプは、ビルなどの屋上に設置するものであり、実際の広告面は大きいのが特徴です。そのため、遠方からでもわかりやすいものが多く、夜間はネオンやスポットなど、ライトアップしてアピールできます。次は自立タイプです。こちらは、店舗や施設などのある、道路面に近い場所に設置されることが多いです。大型の電照式から小型のサイズのものなど、様々なデザインがあります。次は壁面タイプです。こちらはビルや店舗など、建物の壁面に設置されるタイプの看板です。建物の大きさや高さなどによって、実際の看板の種類は異なります。デザインとしては、プレート式、アンドン式、銘板式、トタン木枠式など、多くの種類が用意されています。次は袖タイプです。こちらは建物の壁面に突き出た感じの看板です。デザインは電照タイプのものが多く、市街地などで良く見かけます。道路や歩道面からの認識度が高いのが特徴であり、間口があまり大きくない店舗でも、その存在をしっかりアピールできるメリットがあります。次は立て看板です。こちらは、お店や会社の敷地内でよく見かけるものです。会社社名の表示、駐車場案内、注意事項など、様々な利用用途があります。このようにその種類も様々です。