店舗集客の手段

看板

広告ツールの活用

雑貨店や衣料品販売店、そしてセレクトショップなど新規に店舗を開いた時、まず第一にしなければならないのは「自分の店を知ってもらうこと」です。いくら良いサービスを提供できる自信があったとしても、店のことを多くの人に知ってもらわなければ、安定した集客は見込めないからです。広告宣伝というと、今やホームページやSNSなど、インターネットのツールが主流になっていますが、その一方で紙媒体などのアナログツールの効果が見直されつつあります。アナログツールの代表的なものの一つに商品などを入れる紙袋があります。店舗の紙袋は、店名や住所、そしてロゴなどが記載されたオーダー物が一般的ですが、オーダー紙袋を工夫することによって、大きな宣伝効果が得られます。オーダー紙袋を工夫するにあたり、ターゲットにしたいのは若い女性です。街中を歩いていると、若い女性がバックの代わりに紙袋を持ち歩いている光景をよく目にしますが、女性目線で「かわいい」と思えるオーダー紙袋であれば、カバン代わりに再利用してもらえますし、それが周りの目に留まって話題になれば、店のことが口コミで広まっていきます。オーダー紙袋を工夫するポイントは、第一にデザインです。素材や色だけでなく、店舗のロゴや字体なども工夫することでデザイン性はより高まります。第二のポイントは頑丈さです。デザイン性に優れたものであっても、バッグの代わりになる位の丈夫さがなければ持ち歩いてもらえないからです。オーダー紙袋を広告ツールと位置付けて趣向を凝らす店舗は増加傾向にあります。